『呪いの家』の写真

映画に合わせて、はじめて音楽(ピアノ伴奏)が付けられたのは、1895年3月22日にパリで公開された「シネマトグラフ」(映画の方式名)であったといわれています。それから1920年代後半、映画がトーキー(映像に音声が伴った)化されるまでの「無声映画」時代には、劇場専属で映画を説明する弁士(活弁)とともに、ピアニストまたは小編成の楽団が伴奏を付けたり、既成のレコード(SP盤)が代用されていました。当時は劇場が個別に、そのようにしていたため、リアルタイムでの劇場内録音は残っていないようですけれども、後にピアニストや弁士が、レコードとして(当時していたものを)吹き込んだ録音は、ある程度、残されています。
音楽的なジャンルとしては、クラシックが多いものの、徐々に映画独自の音楽も作られるようになって行き、1927年に部分的でも世界最初のトーキー劇映画となった『ジャズ・シンガー』からは、ミュージカルが急増しました。
大恐慌を経て、第二次大戦から終戦までは、あまり大きな変化はなかったものの、戦後にヒッチコック監督が不安描写のために、電子楽器のテレミンを使うなどの新しい音楽手法が出て来ました。

1940年代以前 製作映画のタイトル・リスト(各作品のページにリンクしています)

『呪いの家』(The Uninvited)1944年製作、アメリカ

『白い恐怖』(Spellbound)1945年製作、アメリカ

『赤い靴』(The Red Shoes)1948年製作、イギリス