『白い恐怖』(Spellbound)1945年製作、アメリカ

『白い恐怖』(Spellbound)1945年製作、アメリカ

監督:アルフレッド・ヒッチコック
音楽:ミクロス・ローザ

主な出演者:

イングリッド・バーグマン(女医のコンスタンス・ピイタアゼン博士)
グレゴリー・ペック(J.B.)
レオ・G・キャロル(マーチンソン博士)

本邦公開:昭和26年11月

アルフレッド・ヒッチコックが監督したこの映画は、
精神病院を舞台にしたスリラーもので、
ジャッキー・グリースンのレコード・ジャケットも描いた
巨匠サルヴァドール・ダリによる画面構成を用いたことでも
当時話題になったそうです。
モノクロがメインですが、
ダリの絵を使った構成の不気味さに加え、
自殺シーンに
一部カラーを加えるなどの異常な表現が、
より一層の心理効果をもたらしました。

また、ヒッチコック監督は、音の面でも
心理劇作品の効果を盛り上げるために、
通常の楽器以外のものを提案し、
当時珍しい電子楽器のテレミンを採用します。

そして、音楽にはミクロス・ローザを採用して、
不気味な美しさをかもし出す音楽に仕上げました。

これらの音楽は、
1945年(第18回)アカデミー賞音楽部門の
「劇・コメディー音楽賞」の部門で受賞しています。

アカデミー音楽賞も受賞した、この音楽は好評で、
『スペルバウンド・コンチェルト』として、
あらためて鑑賞用レコードに、まとめられました。

その最初に吹き込まれたレコードアルバムを
復刻させていただいたのが以下、当方の復刻CDです。

『白い恐怖』の音楽(EW-178)
ミクロス・ローザ

ミクロス・ローザの『スペルバウンド・コンチェルト』は、
ここに収録させていただいたレコード・アルバムが
最初の吹込みになります。
他の指揮者の場合も含めて、
いくつもの吹込みがされておりますけれど、
その原点が、ここでお聴きいただけるのです・・・ 

彼らが考えた、このレコードの方式は、
映画のサウンドトラックではあるものの、
音楽を聴いてもらって、
「映画のイメージを再現させるために、
あらためてスコアを用意する」という
考え方から来ています。
つまり、映画の背景流している音楽を
そのままレコードにするということでなくて、
鑑賞用にスコアを編集して演奏したものを
レコードにする、ということで、
これは後のヘンリー・マンシーニも行っています。

なお、この復刻CDは、
オリジナル音源を尊重するという方針により、
ノイズカット等の処理はしておりませんことと、
マスター音源に磁気テープが使われる
以前の録音(原盤はSP盤)のため、
起因するホワイト・ノイズが多くあります。






(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます。音質は製品と同じではありません。)

収録曲名:

1:プレリュード
2:魅惑のコンチェルト
3:痴呆
4:ゲレンデの恐怖
5:ラヴ・テーマ(パート1)
6:スケルツオ(冗談曲)
7:ラヴ・テーマ(パート2)
8:潜在意識

音楽:ミクロス・ローザとシンフォニック・オーケストラ(他ゲスト・ソロ奏者含む)

(曲間含む合計:約25分30秒)

映画のDVDは、通販のAmazonで入手できます。