『荒野を歩け』(Walk on The Wild Side)1961年製作、アメリカ

『荒野を歩け』(Walk on The Wild Side)1961年製作、アメリカ

監督:エドワード・ドミトリク
原作:ネルソン・アルグレン
音楽:エルマー・バーンスタイン

主な出演者:
ローレンス・ハーヴェイ(ドヴ)
キャプシーヌ(ホリー)
ジェーン・フォンダ(キティ)
アン・バクスター(テレシナ)ほか、

本邦公開:昭和37年3月、カラー

ネルソン・アルグレンの小説から映画化したドラマ。
1931年、ドヴは恋人のホリーを追って
ニューオーリンズへとヒッチハイクの旅に出る。
途中で知り合った不良少女キティーとともに、
ホリーを探していると、売春クラブで働いている
という情報を得て・・・潜入し、連れ出すものの
売春クラブの用心棒に追われ・・・

音楽は、エルマー・バーンスタインが担当しています。
物語そのものはハッピー・エンドではなく、
目的が達成できずに終わるバッド・エンディングに
なるという、悲しい映画ですけれども、
ジャズ的なアレンジを中心に使われた
この映画で使われた音楽は、オリジナル・スコアによって、

劇中で聴かれる音楽ともまた違った作品として
お楽しみいただけるように仕上がっております。


エルマー・バーンスタイン作曲・指揮による、
それらの音楽は、当方で御紹介する復刻CDの
オリジナル・スコア『荒野を歩け』(ST-520)にて、
お楽しみいただくことができます。



(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます)
(音質は製品と同じではありません)

 

『荒野を歩け』(ST-520)1400円
エルマー・バーンスタイン(作曲・指揮)

曲目リスト
01:メイン・テーマ
02:ホリーの面影を追うドヴ
03:ホリーのジャズ
04:よそ者ドヴ
05:ドール・ハウス
06:テレシナ
07:ニューオーリンズの夜
08:ジャズ・テーマ
09:ドヴ
10:キティ
11:オリヴァー
12:回想
13:フィナーレ
※表紙の写真は、映画とは関係ありません。