『呪いの家』(The Uninvited)1944年製作、アメリカ

『呪いの家』(The Uninvited)1944年製作、アメリカ

監督:ルイス・アレン
原作:ドロシー・マカードル
作曲:ヴィクター・ヤング

主な出演者:
レイ・ミランド(リック・フィッツゼラルド)
ルース・ハッシー(パメラ・フィッツゼラルド)
ゲイル・ラッセル(ステラ・メレデス)

本邦公開:昭和21年6月

怪奇現象の起きる断崖上の一軒家を舞台にした、初期のミステリー映画。
美しいステラを殺害しようとする死霊に対し、
ステラを護る善霊と、彼女を愛する若い作曲家が戦い・・・ 

この映画のテーマ曲として作られた「星影のステラ」は、恐怖映画のものとは思われない程に美しくて、ロマンティックなメロディーです。作曲は、ヴィクター・ヤング、作詞はネッド・ワシントン。
ナット・キング・コール、ジョニー・マティス、サラ・ヴォーンなど、色々な歌手によっても歌われていました。

『日曜の夜の遠い幻想』(EH-104)1500円




(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます)
(音質は製品と同じではありません)

最初に聴いたのは、ピッツバーグ・シンフォニー楽団・
弦楽セクションの演奏でした。
深い夜の風景を表現したムード・ミュージックのアルバムのため、
映画の主題歌であったことも意外ですが、
『呪いの家』なんていう恐怖映画のテーマ曲だったのも
知って驚きました(笑)

静かなイントロに、重厚なストリングスが広がって
行く演奏は、幼少頃に見ていた風景・・・空気の冷たい
冬の夜、横浜市大病院の前で信号待ちをしている情景が
重なってしまいます(苦笑)
日曜日の夜、祖母の家から帰る時に
横浜市大病院の横を歩いて、
横浜駅へ向うバス停に行くのですが、その手前の信号を
待っている間の時間が、
ちょうど、こんな感じの「幼少時の私の心境」だったのです。
「あぁ、これから家に帰って寝たら、月曜日の朝だ・・・」
って(笑)
その頃、学校は楽しくなかったんですね。

収録曲:
星影のステラ/黄色い月/恋の魔術師
イフ・ゼア・イズ・サムワン・ラヴリアー・ザン・ユー/ライザ
ディス・ラヴ・オブ・マイン/フラミンゴ/今宵のあなた
カム、ダンス・ウィズ・ミー/彼氏に夢中
ノクターン/ストリングスの休日

『ロマンティック・スクリーン』(EH-354)1500円




(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます)
(音質は製品と同じではありません)

2つ目に紹介するのが、楽団Aの演奏。
こちらも大編成ストリングスによる豪華な演奏ですが、
収録された12曲全部が映画の音楽です。
この楽団リーダーは、劇場で映画『許されざる者』(本邦公開は昭和35年)を
観て、このテーマ音楽をはじめとした、美しい映画主題曲の
ムード・ミュージックのアルバムを作ってみたいと思ったそうです。
そうして彼自身で選曲し、全曲のアレンジを手掛けて
完成させた、1960年アメリカで発表のアルバムです。

収録曲目:
許されざる者、ムーラン・ルージュの歌、思い出のロマンス、
ローラ、星影のステラ、孤独の部屋のブル-ス、
地上より永遠に、ピクニック、楽園に帰る、他
全12曲(収録時間:約36分31秒)

『精神世界の女』(ST-348)1600円




(再生ボタンを押すと音声ファイルを読み込みます)
(音質は製品と同じではありません)

3つ目は・・・どうなんでしょう。映画と同じ女性の死霊?のような声で(笑)
精神世界のムードとして表現されているような、
アメリカで1960年代前半に発表された、とても奇妙な作品です。
精神世界・・・それは目や耳などの肉体的な器官で感じるものではなく、
魂で感じる世界のことです。人間として生まれる以前、あるいは
胎児としての状態、または肉体が滅びた後に行く世界のことでしょうか。

収録曲目:
君ありせば、イマジネイション、私からそれを奪えない、
スター・アイズ、スペース・リフレックス、
星影のステラ、変な感じ じゃない、バイ・バイ・ブルース、他
全12曲(収録時間:約36分16秒)

お求めは以下のカートを御利用ください。